ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

第15回電撃小説大賞 大賞:アクセル・ワールド 〈1〉黒雪姫の帰還/川原礫

アクセルワールド
(あらすじ)
どんなに時代が進んでも、この世から「いじめられっ子」は無くならない。デブな中学生・ハルユキもその一人だった。相変わらずの日常を過ごしていたハルユキだが、校内一の美貌と気品を持つ少女“黒雪姫”との出会いによって、彼の人生は、……!

answer.――― 78 点

本作の大賞受賞とほぼ同時という出来過ぎたタイミングで発表された、著者のWeb作家時代の代表作『ソードアート・オンライン(以下、SAO)』の文庫化決定……そこから本作の大賞受賞を「……政治が働いたな?」と千里を望む色眼鏡で見ていたが、いざ本作を読了してみれば、意見が180°変わった。二十近い受賞作全部を読んだわけではないのでまだ断言は出来ないが、本作、歴代の大賞受賞作で一番「完成度」が高いんじゃなかろうか?キャラクターの背景にせよ、物語の構成にせよ、近未来の世界観、綴る文章にせよ、どれも新人離れした貫録の仕事っぷりで、正直、Web上でアップされていた『SAO』を読んだ身、そして、巷の評価ほどに『SAO』を評価出来なかった身としては、本作の出来に驚くばかりだった。特に中盤の、主人公の吐露「あなたは…………あなたのことが嫌いなんでしょう?」はライトノベルでは珍しい文学チックな踏み込み方で、著者のライトノベルだけに留まらなそうな作家性に期待が持てた。続く次巻で評価をストン!と一度落とすようだが、本作で抱かせた期待の度合いが高かったのも関係なくはないだろう。何にせよ、序盤、中盤、終盤と隙無くプロフェッショナルなエンターテイメントを詰め込んだ一作。まさに、大賞の出来でした。

第15回電撃小説大賞 大賞:アクセル・ワールド 〈1〉黒雪姫の帰還/川原礫

category: か行の作家

tag: 電撃小説大賞大賞 OPEN 70点 川原礫

[edit]

page top

« 電撃文庫:プシュケの涙/柴村仁  |  第15回電撃小説大賞 金賞:パララバ -Parallel lovers-/静月遠火 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/83-b5e418b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top