ナマクラ!Reviews

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

電撃文庫:ミナミノミナミノ/秋山瑞人

ミナミノミナミノ
(あらすじ)
「ものすごく環境のいいところだから勉強をするにはもってこいだ」 そんな誘い文句に騙されて夏休みをとある小さな島で過ごすことになった武田正時……が来て早々、どうもこの島はとてつもなく奇妙なところがある!と気づかされることになり、一方で「友達になってくれないか」と頼まれた相手は不思議な感じの、だがとてもかわいい子で―――。

answer.――― 69 点

『イリヤの空 UFOの夏』の焼き直し、本作のレヴューはこの一言で事足りる。すべての作家並びに作家志望、そして、多くの読み手に対して伝えたいことは《作家は万能ではない》ということだ。どんな文章技巧を修めようとも、その事実は決して変わらない。多くの作家は自身のことを把握しないままに筆を執り、奔らせる。それで成功を収めれば自我は肥大化し、万能感に酔いしれ、いつしか堕ち、潔く朽ちもせずに「居座る」。挫折を重ねれば筆は迷い、乱れ、眼は濁り、やがては他者に縋り、ついには「砕ける」。作家を志したその時、何よりも優先して取り掛からねばならないことは《自身を知ること》に他ならない。自分がどういう作家で、どんな筆なのか―――それを把握することに努めることが、語彙を増やすことよりも、文章技巧を修めることよりも、まず重要なのだ。「巧くなる」ことはその後でも十分間に合う。『イリヤの空 UFOの夏』の発表以来、未だライトノベル界のJOKERであり続ける秋山瑞人、その遅筆を嘆く者は後を絶たない。早く(続刊を)書いてくれ、と誰もが願っている。しかし、それは酷というものだ。彼は書かないのではない、―――「書けない」のだ。彼は己の内に物語をひとつしか持たない作家であり、それに気づいてしまったが故に、続刊を書くことを拒んでいる。物語がひとつしかないということは、正解がひとつしかないということと同義だ。何度推敲しようとも、同じ「答え(形)」に辿り着く。本作末にて続刊を告げながら未だ音沙汰がないのも、直後のあとがきにて記されている『イリヤ』っぽい話をもう一度……という痛々しい制作背景を知れば、自ずと腑に落ちる。物語をひとつしか持たない作家の苦しみは、物語をひとつしか持たない作家にしか分からない。イリヤっぽいモノを創っていたはずだったのに、イリヤになっていく恐怖。まして己の文章に絶対の矜持を持っているだろう男が、自作のコピーを「知らず」行っていたことを悟ったとき、尋常ならざる苦痛がその筆を止めたことは想像に難くない。筆力とストーリーメイクはまったく別の才能だ。筆力とは物語の飾りであり、作中の停滞(退屈)を紛らわす、誤魔化すための技巧に過ぎない。如何に文章技巧を修めたところで、己の内に与えられた物語を増やすことにはならないのだ。秋山瑞人にとって初のオリジナル作品だった『猫の地球儀』は、果たして本当にオリジナルだっただろうか?原作付きだった『鉄コミュニケーション』と何が違うのか?秋山瑞人には、「違う」物語を創るための原作者が必要なのだ。秋山瑞人だけではない、「場面」から物語を創る乙一も、「ええじゃないか」しか出来ない森見登美彦も、天賦に任せて一構成しか修得せず勝負を賭けて「砕けた」片山憲太郎、その他、数多の作家たちは自分を知らず、筆を執り、ある日、唐突に自分を知り、―――筆が止まる。《作家は万能ではない》のだ。……なんてほとんど「作家」考なレヴューになってしまったので止めるが、これは「どういう作家」、ストーリーメイクからの切り口で、作家のもう一つの要素「どんな筆」については触れていません。本作で「筆」について触れるなら、やはり「宴会」場面の描写を取り上げざるを得ないでしょう。秋山瑞人は自分の筆に関してはよく知っている。ビール瓶を蹴らしたのは唸らせられたワ。そんなこんなで、プロもワナビも自分の筆についても理解してないとあかんで?「作家」を志すならな!ではでは、いつ出るやもしれぬ、苦心の『イリヤの空 UFOの夏』の姉妹作♪な本作の続刊を待ちましょう!

電撃文庫:ミナミノミナミノ/秋山瑞人 (2005)

category: あ行の作家

tag: OPEN 60点 秋山瑞人

[edit]

page top

« 2015年6月のレヴュー更新(まとめ)  |  電撃文庫:イリヤの空、UFOの夏/秋山瑞人 »

コメント

こんばんは。

今、ちょうど『イリヤの空、UFOの夏』を読んでいます。読み終わったら『ミナミノミナミノ』を読もうと思っていたので、色々な意味で楽しみになってきました。

three #- | URL | 2013/07/25 22:04 | edit

Re: three

コメント、あざーす! 

このレヴューは「作家」用に編んだレヴューなので、そこそこ気合入れて書きました。この内容を否定する奴がいたら、夏目漱石級の天才なので是非とも会ってお話したいですね。『イリヤの空、UFOの夏』のどこかをクローズアップしろというなら《学園祭》です。秋山瑞人は私の知る限り、「祭」を書かせたら日本一の作家です。一種の芸術だとさえ思っています。

Medeski #- | URL | 2013/07/25 22:16 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/842-1379ed10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top