ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

第15回ファンタジア大賞 準入選:天華無敵!/ひびき遊

天華無敵
(あらすじ)
天華と白華は双子の姫。天華は遺跡探求者になって空の旅を、白華は巫女となり神殿内で精霊との対話にいそしむ日々。そんな二人をつなぐ絆は携帯メールだった……!フレッシュな感性で描く、双子ファンタジー登場!!

answer.――― 61 点

遺跡探究者(ロスト・リサーチャー)、錬精術、衛星回線ユグドラシル・ネット、蒼の月、銀の小月、信精帝國、精霊都市、龍眼、精霊巫女、湾岸都市、幻炎、剣聖(後に正式な名称として『鋼の剣聖』)、言霊、錬精、因子、先祖がえり(ワイルド)、鋼隊、光結晶、獣化、脳力、新型三重連推進結晶体、直勘(センサ)、舞翼(ライド)、風獣、風くじら、通信石、―――とまあ、ここまで100頁で披露されている本作中の造語である。しかも、これで省いてもいるし、この後にも造語は増え続ける。おそらく、著者は本作において造語をファッション、お洒落な<記号>として散りばめているのだと思うが、如何せん、多過ぎて機能していない。オリジナリティに拘るのは結構だが、既存の言葉で事足りる設定ならば造語は極力省くべきだ。それでも、曲がりなりにも【準入選】という当時の富士見ファンタジア文庫的には実質の大賞評価を受けているのは、スケール溢れる世界観から。実際、この当時に、飛行シーンを導入しているのは新鮮である(売れなかったので無かったことになったが……)。選考委員も推す、ヒロインの双子の妹との時間差のメールもアイディア的には良い。目立たないところを推すなら、序盤の実は【幼馴染】でした♪は裏を掻かれる工夫だ。素養的には悪くはない、……が、これが語彙はあれども、筆力不足という典型的作品。細かい描写が出来る、それに伴う語彙も備えている、アイディアもある、―――でも、扱い切れてない。自作をまずはゴミだと思おう。ドンドンドンドン魅力を削ぎ落そう。もはや自分の作品じゃないところまで落として、それでも見たことが無いのが【オリジナリティ】だ。省略出来ることが筆力に含まれていることを学ぶのがプロになってからじゃ遅過ぎる。自分を殺す、これを個性を殺すと置き換えているうちはどんなに成功したとしても泡沫の成功です。ちなみに、ドラゴン級の遺跡、これが作中で私が一番惹かれたフレーズでした。

第15回ファンタジア大賞 準入選:天華無敵!/ひびき遊

category: は行の作家

tag: ファンタジア大賞準入選(金賞) OPEN 60点 ひびき遊

[edit]

page top

« 第5回えんため大賞 大賞:吉永さん家のガーゴイル/田口仙年堂  |  第15回ファンタジア大賞 佳作:ISON ―イソン―/一乃勢まや »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/843-3b813d45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top