ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

ファミ通文庫:東雲侑子は全ての小説をあいしつづける/森橋ビンゴ

東雲侑子はすべて
(あらすじ)
3年生になり、卒業後の進路の事を考えなくてはならない英太。東雲はやはり進学するという。特別優れているわけでも劣っているわけでもない自分も、ひとまずそう考えるべきなのだろうと思いながら、自分のやりたい事が分からずに迷う。小説家という夢を既に実現してしまっている東雲と自分を比べて、漠然とした焦燥に駆られる英太だが、東雲と過ごしてきた時間が、彼の望む未来をほのかに照らし始める……。

answer.――― 66 点

男が雄であるために、避けて通れないもう一つの真剣勝負―――株式会社ナインストーリーズ代表取締役こと何の変哲もない高校生、森橋ビンゴこと三並英太が初めてのセックスに挑む!!ファミリーレストラン・ジョナサンで、覚醒する男の性、漢のSAGA!! 大好評、「東雲侑子」シリーズの最期を飾る本作は《少なくとも俺は、東雲の事を心から好きだと言える。純粋に。》と最初から最後までアクセル全開で惚気るHAPPY×HAPPY・Chainsaw Hな一作。稀に見るChainsaw H仕様らしく、前作でたわわなオッパイで誘惑してきた喜多川絵夢(18)は教育実習生(22)に破廉恥に告白され、♂が♀にバチコーン!クラスメイトの男たちは一人の女よりもお互いの友情を選んで、♂が♂にバチコーン!眼鏡外したあの子も後輩に告白させて、♂が♀にバチコーン!司書もパン屋で、♂が♀にバチコーン!兄貴とそのカノジョも、ゴムを着けていつも通りに♀が♂にバチコーン!と、全ての登場人物が「オレタチ、HAPPY×HAPPY!!」(;/゚)⊃[□;';';';';';';';';';';)と無敵のジェイソンとなって、それぞれ幸せになる展開は、上述の通り、―――森橋ビンゴ、ファミリーレストラン・ジョナサンで覚醒する男の性、漢のSAGA!! で、思わず(……うわぁ頑張ったなぁ)と著者の年齢を鑑みてしまい、素で感心してしまった。本作最大の見せ場は、やはり三並英太&東雲侑子、両名の旅館でお泊まり場面だろう。憧れの有美さんによるコンドーム指導等、読み手を(……準備は良いですか?良いですね?本当にやりますからね、私は止まりませんよ?)と煽りに煽って、部屋のドアが閉まれば、もう我慢出来ず、―――の主人公の青い衝動によるベッドへの押し倒しは、はわわわわわわ(〃ノωノ)と赤面必至の演出となっている。とまあ、茶化し気味に書いてはいるが、シリーズ全3巻、著者が真摯に作り上げたことが伝わる良質の青春譚。続刊毎に点数が控え目になっていますが、如何せん、展開が平坦なんでね。こんなもんだと思います。

ファミ通文庫:東雲侑子は全ての小説をあいしつづける/森橋ビンゴ (2012)

category: ま行の作家

tag: OPEN 60点 森橋ビンゴ 「東雲侑子」シリーズ

[edit]

page top

« 2013年10月のレヴュー更新(まとめ)  |  ファミ通文庫:東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる/森橋ビンゴ »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/875-3d57d548
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top