ナマクラ!Reviews

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

第22回日本ファンタジーノベル大賞 大賞:前夜の航海/紫野貴李

前夜の航海
1.左腕の霊示
2.霊猫
3.冬薔薇
4.海の女天
5.哭く戦艦

answer.――― 74 点

巷で大繁盛しているオンラインゲーム「艦隊これくしょん~艦これ~」を先取りしたものの、少しばかりオーバーランが勿体無い、昭和初期の大日本帝国海軍で発生した史実の事件、事故を題材にした怪異譚。小説の形としては短編連作を採用し、各短編、視点人物は違えど、軸人物は共通しているという点、その軸人物が芸術家肌の木彫家で手掛けた作品に霊験が顕れるという点で、作品としては第20回の《大賞》受賞作『天使の歩廊 ある建築家をめぐる物語』と似た印象を受けるが、同作と決定的に違うのは、軸人物「笠置亮佑」が謎の人物とはさして演出されず、意見を喋り、述べること。もっとも、それ自体は作品に特段の貢献をしている訳ではない。各短編の主役は、あくまで彼が手掛けた「義手」「猫」「薔薇」といった作品たち。上述の通り、作品たちには霊験が顕れ、各章の視点人物たちを海難事件&事故から救ってくれる。遠隔操作が出来る、分身させることが出来る等、さらりと(……言われてみれば)な幽霊への先入観を破ってくるのは本作の隠し味的アレンジ。ハイライトを挙げるならば、2章「霊猫」は愛猫家を萌え狂わせるだろう忠臣ならぬ忠猫な一作。司馬遼太郎の『坂の上の雲』に感銘を受けたことをキッカケに旧海軍への関心を深めた。なる著者の紹介エピソードから想像出来るように、ヲタク気質のやや凝り固まった筆で描かれる本作において、暗闇より恩人を導く救出劇は他章と比して愛玩の分だけ情感に溢れた出来となっている。地味さは否めないが、史実を下敷きにした分、堅実に読めるファンタジー作品。

第22回日本ファンタジーノベル大賞 大賞:前夜の航海/紫野貴李

category: さ行の作家

tag: 日本ファンタジーノベル大賞大賞 OPEN 70点 紫野貴李

[edit]

page top

« 第17回電撃小説大賞 銀賞:アンチリテラルの数秘術/兎月山羊  |  第22回日本ファンタジーノベル大賞 優秀賞:月のさなぎ/石野晶 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/879-84d59ffc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top