ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

Live at the Greek: Excess All Areas/Jimmy Page & The Black Crowes (2000)

Live at the Greek
Disc 1
1. Celebration Day
2. Custard Pie
3. Sick Again
4. What Is And What Should Never Be
etc...

Disc 2
1. The Lemon Song
2. Nobody's Fault But Mine
3. Heartbreaker
4. Hey Hey What Can I Do
etc...

Price Check.――― ¥ 300

デイヴィッド・カヴァデールとのCoverdale-Page、ロバート・プラントとのJimmy Page & Robert Plantといったジミー・ペイジのZEPブランドを活かしたコラボレーションにまたひとつ、……と言った感じで加わった、ロビンソン兄弟率いるThe Black Crowesとのギリシャでの共演ライヴ盤。収録の楽曲は勿論、Led Zeppelinのカタログからが多くを占め、そこにペイジ所縁のThe Yardbirdsや、B.B.キング、ジミー・ロジャース、エルモア・ジェイムスといったブルースの巨人たちによるスタンダード・ナンバーが入り混じる構成。一聴してまず思うのが、クリス・ロビンソン(Vo.)のパフォーマンスの安定感。Jimmy Page & Robert Plantでの寄る年波には勝てず、のロバート・プラントよりも流石に歌いこなしており、オリジナルに吹き込まれた超人的なソレは無いにしても、その枯れた声でサザン・ロック臭をまとったZEPナンバーに見事に変換している。そういう意味で、オリジナルに忠実に過ぎているリッチ・ロビンソン(G.)のプレイにはやや不満を感じるものの、リズム隊を含め総じてタイトに演奏されている好ライヴが展開されている。個人的にはメインとなっているZEPの曲よりも、Disc 1の⑦、Disc 2の⑦といったスタンダードな曲たちのほうが聴き応えがあった。ZEPの曲だと、どうしてもジョン・ボーナムのあのドラムの音を期待してしまうので、どの曲もどこか物足りなさを感じてしまうが、その点、軽快に跳ねるスタンダードはひたすら心地良く聴こえる。サウンドが良いのも◎。ZEP解散後、ジミー・ペイジのZEP以外のレコーディング関連では一番良いアルバムじゃないでしょうか。ところで、表題はニール・ダイアモンドのライヴ盤『Love at the Greek』のオマージュなのかね?

Live at the Greek: Excess All Areas/Jimmy Page & The Black Crowes (2000)

category: H-N

tag: MUSIC 500円

[edit]

page top

« One Day as a Lion/One Day as a Lion (2008)  |  Keeper of the Seven Keys : The Legacy/Helloween (2005) »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/898-0dfbd620
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top