ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

第17回電撃小説大賞 大賞:シロクロネクロ/多宇部貞人

シロクロネ
1.アナザー・デイに死ね
2.月のレイカー
3.ずっとハイ
4.デイライツの中で
5.世界はノット・イナフ
6.ノオ教授 
7.君の瞳がオンリー  
8.明日はネバー・ダイ

answer.――― 71 点

販促帯の裏面にて『とらドラ!』で名を馳せた竹宮ゆゆこ氏による、―――大賞のオーラ、ばりばりでした!なる推薦を受けている本作。しかし、その肝心の帯の表面には「死んでもいいから“えっち”したい!!!」とデカデカ書いてあるのだから、大賞とはいったい全体、何ぞや?と。置いて、電撃伝統の「萌え」路線へ大賞という冠を被って現れた本作へ集まるバッシングは凄まじいものがある。Amazonレヴューを開こうものなら、作者なら目を背けたくなるような集中砲火。平均評価★★★割れを起こしている作品なんてなかなか拝めるものでもない。ただ、読了してみればバッシングも納得、これは主人公が合うか合わないかに尽きる。性欲奉る独白、たて笛ならぬパンツをしゃぶる斬新な性癖―――終盤に展開されるドン引き最低の戦闘描写は仄かに歴史を薫らせ始めたライトノベル史においても稀に見ると言っていいだろう。戦闘描写が下手という意味ではない。マジで品位を欠くのである。ただ、この主人公像を許せば、<受賞するためにお約束を詰め込んだ>なる非難は一転、最高の誉め言葉に。カタコトしか喋れない敵役・岸谷瑠衣ちゃん、<お約束>のその散り際に感動である。自分の性癖を頭悪く下品に語れるor異性の脱ぎ立てのパンツをしゃぶれる……このどちらか一方でも心のうちで賛同出来るなら、本作を<大賞>作として十分楽しめることでしょう。人を選ぶという意味で、ファンタジア文庫の『中の下!』に似た雰囲気があるね。よりハードコアではあるけど。

第17回電撃小説大賞 大賞:シロクロネクロ/多宇部貞人

category: た行の作家

tag: 電撃小説大賞大賞 OPEN 70点 多宇部貞人

[edit]

page top

« このライトノベルがすごい!(2011年版) 10位:神様のメモ帳/杉井光  |  第17回電撃小説大賞 金賞:青春ラリアット!!/蝉川タカマル »

コメント

第17回電撃大賞受賞作の中で、唯一この作品だけはどうにも読む気になれません。
評判が悪いとか下品な描写が嫌だとかそういう理由ではなく、読んだことで自分の中でなにかの糧になるとは思えないんですよね。
直感的なものなんで、実際はMedeskiさんの仰るように「THE 大賞」な作品なのかもしれませんが。

つかボン #v14okzU2 | URL | 2011/05/03 00:27 | edit

Re: つかボン

コメント、有難うございます!

> 第17回電撃大賞受賞作の中で、唯一この作品だけはどうにも読む気になれません。
> 評判が悪いとか下品な描写が嫌だとかそういう理由ではなく、読んだことで自分の中でなにかの糧になるとは思えないんですよね。

その直感、大正解かもしれません。確かに<本から何かを得る>ってそもそもの大原点に立つと、本作から得るものは無いかも……いや、ちょっと盲点でしたね。私はどちらかと云えば感情移入しないで読むタイプ(しても、立ち止まるタイプ)なので、それこそその読み方、ちょっと目から鱗的発想でした。確かにもともとはそういう読み方で私も読んでいた気がします。完全に老けた読み方していました。スニーカー文庫のレゾナンス(58点)をそれこそ今日、書きあげたんですが、その読み方だと私的な話ですが点数上がりますね。

本作、その題材(内容)は置いておいて、<よく出来ている>のは間違いないんですよね。電撃の<大賞>作に限れば、点数の通り、最低でも五本の指に入る仕上がりだと思います。ただ、つかボンさんの仰る通り、読んで得る視点で考えれば、かなり難がある。いやー、ちょっと自分に反省です。確かに、この作者も「書きたい作品を書いている」とは思えませんもの。

P178~P182、この辺りは仕事点が高いので、ある意味、ここだけ読めば良いかもしれません。

Medeski #- | URL | 2011/05/03 01:27 | edit

Medeskiさん

お疲れ様です☆

私は、書評など技術的・専門的なことはよく判りませんが、
周囲の雰囲気からして、
超大手ライトノベルのレーベルである電撃文庫のしかも“大賞”。
その栄冠にそぐわない。といったところでしょうか。
ニーズと選考委員ですごい齟齬が生じてるわけですね。

私は、この作品好きですよ♪
まだ、2巻を読んでいませんけど(笑

失礼します(*- -)(*_ _)ペコ

nagisa #- | URL | 2011/07/12 01:17 | edit

Re: nagisa

いつもコメント、有難うございます!

> 超大手ライトノベルのレーベルである電撃文庫のしかも“大賞”。
> その栄冠にそぐわない。といったところでしょうか。
> ニーズと選考委員ですごい齟齬が生じてるわけですね。

まさに、その通りなのではないでしょうか。私も好きですけどね、この作品。ただ、ライトノベルを大衆文学、文学と比肩するジャンルへ!と考えられている方には、本作のような受賞しに来た作品、売りにきた作品が逆撫でするんだと思います。その辺は確かに私も思うところはありますが。ただ、よく出来てるんですよねこの作品。文章にせよ、構成にせよ。

同じ点数で比べるなら、面白さなら狼と香辛料ですが、1巻だけの完成度なら本作だと思っています。

Medeski #- | URL | 2011/07/13 20:57 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/90-6293c7ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シロクロネクロの感想レビュー(ライトノベル)

電撃文庫のラノベ、『シロクロネクロ』(多宇部貞人先生原作、木村樹崇先生イラスト)が発売中です。 第17回電撃小説大賞<大賞>受賞作ということで、発売前から注目されていたラノベ読みの方も多いのではないかと思います。 表紙はメインヒロインの高峰雪路。 赤い糸な...

gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) | 2011/05/18 18:52
page top