ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

第6回本屋大賞 4位:テンペスト/池上永一

テンペスト
(あらすじ)
舞台は19世紀末の琉球王朝。誰よりも聡明な少女・真鶴は、女であるというだけで学問を修められないことを不公平に思っていたが、跡継ぎと目されていた兄の失踪を機に宦官・孫寧温と名乗り、性を偽って男として生きていくことを誓う。科試に合格した寧温は、王府の役人として、降りかかる難題を次々と解決し、最速の出世を遂げていく。

answer.――― 82 点

ウチナータイムで描かれる『パガージマヌパナス』でデビューして以来、郷土愛溢れる作家として名を馳せる池上永一が己のライフワークの集大成とばかりに上梓してきたのが本作『テンペスト』。琉球王朝の末期を題材にした単行本で全2巻、文庫本で全4巻の大作で、浅田次郎の「私はこの作品を書くために作家になった」という言質さえ取った氏の傑作『蒼穹の昴』に迫る、年に一作生まれるか否かの、ファンタジックにアレンジされた「傑作」琉球ヒストリア!―――と謳いたいところなのだが、大作だけに諸所で息切れするのが何とも残念な一作。それでも、序盤の己の運命に逆らい、「性」さえ捨てて、己が英才を発揮して成り上がっていく真鶴こと孫寧温(♂)の姿は痛快極まりない。王宮へ上がってみれば破綻している財政、その裏で執り行われる後宮の、官僚たちの利権争いに巻き込まれ、同時進行で外から問われる衰退著しい清朝、そして、新興する日本との苦渋の外交舵取りを任され、……なんて末期の王朝らしい押し寄せる《内憂外患》は出し惜しみが無く、思慕交錯するライバル、いつまでも芽の出ない仲間、優しい義兄とともにそれを解決していくカタルシスは圧巻の一言。しかしながら、上述の通り、著者の集大成の思いが強過ぎたのか、「後宮」「官僚」「宗教」「外交」「変態(敵)」「結婚」「etc...」と盛り過ぎて処理し切れず、序盤こそ(……どうなんだ、これ!?)と未知へと有用に働いていたファンタジーの要素は、途中で興醒めさえ起こしてしまった。俺なら書ける!と思って書き始めたのか、平目板!と見切りで書き始めてしまったのかは定かではないが、やはりプロットの段階での精査は必要だっただろう。が、無視出来ないエンターテイメントは十二分に認められるのは間違いない作品。個人的に唸らされたのは、真牛(聞得大君)&真鶴の祝詞場面。あそこで語られていることは、「礎」になる。著者は資料から採ってきたのかしらん?単行本の上巻/下巻、合わせてのレヴューです。

第6回本屋大賞 4位:テンペスト/池上永一

category: あ行の作家

tag: OPEN 80点 池上永一

[edit]

page top

« 第6回本屋大賞 3位:ジョーカー・ゲーム/柳広司  |  第6回本屋大賞 5位:ボックス!/百田尚樹 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/906-a3dddb35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top