ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

Ritchie Blackmore's Rainbow/Rainbow (1975)

Ritchie Blackmores Rainbow
1. Man On The Silver Mountain
2. Self Portrait
3. Black Sheep Of The Family
4. Catch The Rainbow
5. Snake Charmer
6. Temple Of The King
7. If You Don't Like Rock 'N' Roll
8. Sixteenth Century Greensleeves
9. Still I'm Sad

Price Check.――― ¥ 150

リッチー・ブラックモア(G.)の「ソロ」プロジェクトであったはずが、いつしか「バンド」のRainbow、その1stアルバム。デイヴィッド・カヴァデール(Vo.)、グレン・ヒューズ(B.)の主導だろうDeep Purpleでの望まぬファンク路線、何より自身の希望する③「Black Sheep Of The Family」の録音を却下され、その「息抜き」にELFなる無名のバンドをバックに起用して③のシングルを―――から、アルバム制作に方針を転換したのは、今や半世紀を超えるキャリアを築くリッチーが未だベストに挙げるロニー・ジェイムス・ディオ(Vo.)の存在に他ならない。本作においても既にギタリストとしての地位を確立していたリッチーに気後れすることなく、堂々たるパフォーマンスを披露している。ライヴの定番曲として長らく採用され続ける①、細かく刻み、終盤の絡みつくギターソロ映える⑤など、スリリングなハードロックが収められているが、やはり制作当初の目的は「息抜き」ということもあり、敬愛するジミ・ヘンドリックスの代表曲「Little Wing」を下敷きにしただろう④、上述の③のカップリング用に作られた⑧、The Yardbirdsのカバー⑨など、出来の可否は可であるものの、……な「バンド」としての方向性が整え切れていない部分が散見出来る一作。また、「ソロ」プロジェクト特有のワンマン体制はすぐに発揮され、本作のリリース直後、ロニーを残し、バックのメンバーは全員脱退させられた。

Ritchie Blackmore's Rainbow/Rainbow (1975)

category: O-U

tag: MUSIC 250円

[edit]

page top

« Rising/Rainbow (1976)  |  ペガサス文庫:とある雨の日、小悪魔ビッチにせまられて/午後12時の男 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/914-65f377df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top