ナマクラ!Reviews

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

Down to Earth/Rainbow (1979)

Down to Earth
1. All Night Long
2. Eyes Of The World
3. No Time To Lose
4. Makin' Love
5. Since You Been Gone
6. Love's No Friend
7. Danger Zone
8. Lost In Hollywood

Price Check.――― ¥ 250

「俺はドラゴンや悪魔のことを歌いたいんだ!」と抗議したのかは定かではないが、ミュージシャン御用達の「音楽性の違い」を理由に三枚看板のうちの一枚、リッチー・ブラックモア(G.)を除けば、唯一のオリジナルメンバーであるロニー・ジェイムス・ディオ(Vo.)が脱退し、リッチーの提案で元The Marblesのグラハム・ボネット(Vo.)を招聘、旧知のロジャー・グローヴァー(B.)をプレイヤー兼任のプロデューサーに据えて制作された4thアルバム。その音楽性は、収録を巡ってリッチーとコージ―・パウエル(Dr.)が激しく衝突しながらも代表曲となったラス・バラード作曲の⑤に象徴されるように、3rdまでのバンドのアイデンティティとなっていた「様式美」との決別を告げる、アメリカのマーケットを強く意識したコマーシャルなもので、ごくごく「普通」のHRチューンが収められている。しかしながら、声量だけならばロニーに引けを取らないどころか凌ぐグラハムの熱唱、リッチー、コージーのパフォーマンスは言わずもがなのクオリティで、ロジャーいわく「仕事で書いた」と卑下しながらも売れ線には違いない①、ホルストの「惑星」をアレンジしたRainbow(Ver.Graham Bonnet)な②、コージーのドラム映える重量感ある疾走曲⑧など聴き所は多く、むしろ成功作と謳っても何ら問題無い一作。発売当時は賛否両論だった上述の⑤にいたっては、Queenのブライアン・メイ(G.)がお気に入りの曲としてソロツアーで度々披露している、なんてエピソードまである。

Down to Earth/Rainbow (1979)

category: O-U

tag: MUSIC 250円

[edit]

page top

« Difficult to Cure/Rainbow (1981)  |  Long Live Rock 'n' Roll/Rainbow (1976) »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/917-f2b35632
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top