ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

Stranger in Us All/Ritchie Blackmore's Rainbow (1995)

Stranger in Us All
1. Wolf to the Moon
2. Cold Hearted Woman
3. Hunting Humans (Insatiable)
4. Stand and Fight
5. Ariel
6. Too Late for Tears
7. Black Masquerade
8. Silence
9. Hall of the Mountain King
10. Still I'm Sad

Price Check.――― ¥ 50

自分の演りたい音楽を求めてRainbowを結成し、Deep Purpleを脱退―――しかし、アメリカでの成功に野心を燃やし音楽性を変遷、やがて集金目当てと邪推されても仕方ないDeep Purpleの再結成へ―――間もなく思い出したかのように仲違いを始め、再脱退―――そうして、独りに戻ってRe:Re:STARTとなる本作は、レコード会社との契約を消化するために、……という「曰くつき」のRainbow名義のアルバム。HR/HMに逆風収まらぬグランジ/オルタナ全盛の時期でのリリースながら、……だからこそ!のRainbow復活にファンが縋るように狂喜したのは本作への過剰なまで絶賛によく表れていると思うが、時を経て冷静に再評価を試みれば、十把一絡げの凡庸なアルバムであることが解る。確かに御大リッチー・ブラックモアのギタープレイは駄作と切って捨てられたDeep Purpleの14th『The Battle Rages On』とは打って変わった鮮やかで耳惹くものだが、ドラムマシンを思わせるリズムパートの単調さは如何ともし難い。絡むべきリズムが無ければメロディだけが浮いてしまい、評判高い⑦でさえリピートを誘わない。ドゥギー・ホワイト(Vo.)の他、無名のメンバー、自己主張をしないイエスマンを揃えたのが裏目に出てしまったアルバム。何より、現在までリッチーにとって「最後」のハードロック作品となっている事実がただただ哀しい。

Stranger in Us All/Ritchie Blackmore's Rainbow (1995)

category: O-U

tag: MUSIC 100円

[edit]

page top

« K.AND HIS BIKE/the band apart (2003)  |  Bent Out of Shape/Rainbow (1983) »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/921-5337a85f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top