ナマクラ!Reviews

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

第7回スーパーダッシュ小説新人賞 佳作:超人間・岩村/滝川廉治

超人間・岩村
1.プロローグ
2.第一話「火星から来た男達」
3.第二話「ヒロイン」
4.第三話「ロミオとジュリエット~炎の友情編~」
5.第三話・徹夜祭「パリスとジュリエット」
6.エピローグ「超人間、誕生」

answer.――― 75 点

安易な「諦め」を許さない〝超人間〟岩村陽春の所属するアメコミ同好会が、〝完璧超人〟森直規率いる生徒会による《弱小部の整理》に「待った!」をかけるストーリーラインの本作。アメコミらしく、―――超人間vs完璧超人!の構図で物語が組まれているのかと思えば単純にそうとも言えず、様ざまな形で「意表を突かれる」展開が何とも魅力的に映る。ただ、勿体無いのは登場人物の実質の紹介を兼ねた【第一話「火星から来た男達」】。〝弱小〟柔道部の助っ人として他校との対抗戦を通し、アメコミ部、そして、2名の柔道部員の活躍を描いているのだが、忌避感を持ってしまう表題通り、その予感通りの「暑苦しさ」が前面に出てしまっているため、それを「硬派」と解釈しなければ読み手の関心を買い切れない欠陥的オープニングとなっている。しかし、女性キャラクターが投入される【第二話「ヒロイン」】以降は、暑苦しい物語が硬派、ともすると情熱的な物語へと変貌する。アメコミ部が次なる助っ人として参加するのは、生徒会が暗に仕掛ける《弱小部の整理》にさらされる演劇部―――新入生歓迎会で催される演劇『ロミオとジュリエット』。上述の通り、(次巻以降を含んでだろう)先を見据えた「超人間vs完璧超人!」の構図が提示されるなか、本作、まさかの演劇が始まる。これがまた本格的で、古典作品のあるあると云える《……作品名だけは知っている》状態だと驚くネタが盛り沢山。ジュリエットは13歳などは悪名高い設定だが、ロザライン、パリスの脚本における扱い、蘊蓄は知らなんだ。そんな知識教養が刺激される「準備」が終わり、各登場人物たちが葛藤を抱えて迎える当日、いざ「劇」が始まれば著者によるアドリヴも当然の如く施され、物語はCLIMAXへ―――!〆めに〝超人間〟の誕生秘話が披露され、もの哀しい余韻を残して読み手は前を向く。売上不振からか本作は続刊されず、著者は次作として好評を得る『テル・ミー』を上梓するが、いやいや、立派な好作。ライトノベルと大衆小説のクロスオーバー作品としてもオススメです。

第7回スーパーダッシュ小説新人賞 佳作:超人間・岩村/滝川廉治

category: た行の作家

tag: スーパーダッシュ小説新人賞優秀賞(佳作) OPEN 70点 滝川廉治

[edit]

page top

« Libertad/Velvet Revolver (2007)  |  第7回スーパーダッシュ小説新人賞 佳作:スイーツ!/しなな泰之 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/936-845eb6be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top