ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

A Day at the Races/Queen (1976)

a day at the races
1. Tie Your Mother Down
2. You Take My Breath Away
3. Long Away
4. The Millionaire Waltz
5. You & I
6. Somebody To Love
7. White Man
8. Good Old Fashioned Lover Boy
9. Drowse
10. Teo Torriatte (Let Us Cling Together)

Price Check.――― ¥ 350

表題、そして、ジャケットからも察せられるように、前作『オペラ座の夜(A Night at the Opera)』と対を為す5thアルバムは、1stよりプロデュースを受けていたロイ・トーマス・ベイカーの手から離れて、初のセルフプロデュースを試みた作品。銅鑼が鳴ったかと思えば大仰なギターオーケストレーションで攻め立てる①、フレディ・マーキュリー(Vo.)の独壇場のバラード②、かと思えばそのフレディを除いて、ブライアン・メイ(G.)がVo.も担うカントリー調のThe Beatlesといった趣ある③、奔放に展開していくフレディ作曲の④、まるでそれに対抗するようにジョン・ディーコン(B.)が作り込んだ⑤、これぞQueen!と云うべきなのか、これぞフレディ・マーキュリー!と云うべきなのか迷う名曲⑥、……といった具合に、バラエティに富んでいることは変わらないものの、前作の「1枚」1曲の聴かせ方と違い、個々の楽曲で訴えかけてくる印象が強い本作。Queenはそのキャリアにおいて15枚のスタジオアルバム(『Flash Gordon』&『Made in Heaven』を含む)を制作しているが、日本では本作までを「初期」と捉えている節があり、〆めを飾る⑩はその初期から支えてくれた日本のファンへ向けて送られた、日本語詞登場する一曲。個人的に、日本語詞の部分でダイレクトにフレディの声質を知れるのが貴重に思える。この人の声、やっぱり、哀しげなのよね。

A Day at the Races/Queen (1976)

category: O-U

tag: MUSIC 500円

[edit]

page top

« News of the World/Queen (1977)  |  A Night at the Opera/Queen (1975) »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/941-55d9fbca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top