ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

Medeskiの(o゚Д゚)=◯)`3゜)∵【All Time Best Album 100!:#.97 ~ #.100!】



自殺が起こると「何で死んだのか?」なんて考えることがあるが、大概は理解し切れないまま結論らしい結論も出さず、目の前の現実に戻ってしまうが、カート・コバーン(Vo.&G.)に関しては理解出来た。というより、もし自分だったら確かに「うっかり」自殺してしまう気がした。だって、ピエロだもんね。きっと陰で世間を小馬鹿にしたかっただけなのに、真ん中に祭り上げられて、―――さあ、どうぞ!と頭を下げられる。気づいたら、自分はギターを持った上島竜平なワケだ。「……ドッキリですか?」である。そんなダチョウ倶楽部を強いられる様が垣間見れる⑧「Lithium」冒頭の大合唱は本当にキモい。集まりに集まった中2病たちの「狂」宴。中2病は醒めたら負けよ、……と痛感させるライヴアルバム。

#.98 "B"ORDERLESS/氷室京介 (2010)

①「My name is "TABOO"」から声も衰えてなければ、音も古びていない。日本の“ロックスター”の最高年齢は矢沢永吉が更新し続けているが、その次の“ロックスター”は氷室京介だと思う。齢五十を過ぎて「変わらない」ことが信じられないくらい価値を帯びてきた。多分、氷室京介は現在が一番格好良い。過去作を含め、一番Rock ’n’ Rollしているアルバム。とりあえず、ミュージシャンの分水嶺は齢50からだと本作で悟った。


自分の聴いた音楽遍歴を―――というと、まず挙げ切れないものだが、その時々のヒーローなら挙げられると思う。そうして振り返ってみると、hide→ジョン・サイクス→フランク・ザッパ→ジミ・ヘンドリックス→ジョン・コルトレーン→OLD→ラーシュ・ヤンソン→アンジェラ・ヒューイット→と来て、現在はこの《ももいろクローバーZ》で止まっている。 正味な話、アルバムよりライヴが本命の週末ヒロインだが、本作を挙げないことには始まらない。あまり言及されていないが、代表曲⑩「行くぜっ!怪盗少女」の歌詞で面白いのは結局、《手に入れていない》ところだと思う。……いや、偏見抜きで考えてくれ!これ、俺はマジでビビったんだって!この辺、アニメ映画「千年女優」のラストに通じると思う。

#.100 Unity Band/Pat Metheny (2012)

多作の権化パット・メセニー(G.)は衰えることを知らず、数多の名作、故に選定者によって意見が分かれて「未だ定まり切れないヨ、代表作!」な状況が更新されているが、名盤『80/81』以来のテナー・サックスをフィーチャーした本作もまた、名作で悩ましい。個人的には②「Roofdogs」のアントニオ・サンチェス(Dr.)のような食い掛かるプレイヤーで脇を固めて頂きたい。いや、だって……この人の作品、それでも“失敗”しないんだもん。

Medeskiの(o゚Д゚)=◯)`3゜)∵【All Time Best Album 100!#.81 ~ #.96!】へ戻る!

Medeskiの(o゚Д゚)=◯)`3゜)∵【All Time Best Album 100!】へ進む!

category: All Time Best Album 100!

[edit]

page top

« All Time Best Album 100!【総集編】  |  Medeskiの(o゚Д゚)=◯)`3゜)∵【All Time Best Album 100!:#.81 ~ #.96!】 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/980-fafa0034
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top