ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

2014年06月のレヴュー更新(まとめ)

ブラジルW杯のサッカー日本代表、―――まさしく!な惨敗の傷も未だ癒えないまま、そこら辺からコンニチワ!そんなサボったつもりはないものの、記事の更新がイマイチ少なかったような印象が自分でもあるのが反省点。……が、流石にプライベートを犠牲にしてまで記事更新を増やそうとも思わないので、いっそこれからは土日更新を徹底しようか検討中です。とりあえず、来月もメフィスト賞を中心に更新予定。ついでに、ラノベ好き書店員大賞のレヴューを始めてみようかな、と。

●メフィスト賞●
第10回メフィスト賞 受賞作:Kの流儀-フルコンタクト・ゲーム/中島望
第9回メフィスト賞 受賞作:QED 百人一首の呪/高田崇史
第8回メフィスト賞 受賞作:ダブ(エ)ストン街道/浅暮三文
第7回メフィスト賞 受賞作:血塗られた神話/新堂冬樹
第6回メフィスト賞 受賞作:歪んだ創世記/積木鏡介

●受賞作以外の大衆小説●
新潮文庫:旅のラゴス/筒井康隆 (1986)
中公文庫:虚人たち/筒井康隆 (1981)
新潮社:冬虫夏草/梨木香歩 (2013)

●アーティスト一覧●
未だかつて見たことのない素晴しいもの/OLD (2013)

ライトノベルの点数一覧は⇒こちらへ!
大衆小説の点数一覧は⇒こちらへ!
アーティストの点数一覧は⇒こちらへ!
☆★ 今月のパワープレイ ☆★
2014年6月

#.3 Firth of Fifth/Genesis 【Selling England By The Pound (1973)】
Genesisはお買い得な3枚組のベスト盤『プラチナム・コレクション』で満足してしまい、アルバム単位で聴くことがなかったのだが、ドライヴの気まぐれに流してみれば―――もはや新発見の「名曲」。スティーヴ・ハケット(G.)を始めとした間奏パートの何と幻想的なことよ。聴き入ってしまいました。

#.2 風を撃て/キリンジ 【ペイパー・ドライヴァーズ・ミュージック (1998)】
「風を撃て!」とドライブするサビが流れたその時、誤ってその日の入力データを消してしまい、呆然とした後にしっかりと凹んだのが月末の今でも強烈に印象に残ったままのキリンジのパラッパッパな一曲。

#.7 ハチミツ/スピッツ 【ハチミツ (1995)】

軽やかに、しかし力強く―――終盤は崎山龍男(Dr.)の独壇場となる変拍子のポップソング。後述のBABYMETALの「メギツネ」と並ぶ今月最多のリピート回数。

#.5 ババロア/スピッツ 【三日月ロック (2002)】

「グルーヴ・モンスター」崎山龍男(Dr.)を隠しての、打ち込みの一曲。

#.7 点と点/スピッツ 【さざなみCD (2007)】

スピッツが尖がっているRock 'n' Roll Bandだってことを分かり易くアピールした曲。

#.8 ド・キ・ド・キ☆モーニング/さくら学院(歌唱:重音部 BABYMETAL) 【さくら学院 2010年度 ~message~ (2011)】

長らく(」゚ロ゚)」あーりん、わっしょい!!でTwitterにて更新をお報せして参りましたが、これからは(」゚ロ゚)」ンッリンッリンッ!おはよう、Wake Up!でお報せさせて頂きます。

#.2 Public Enemy No.1/Megadeth 【TH1RT3EN (2011)】

俺の中で“日本のジョン・デリンジャー”のいんのテーマ曲。ちょーかっくぅいー!

#.2 メギツネ/BABYMETAL 【BABYMETAL (2014)】

今月の最大の収穫曲。そして、基本的に俺は「ワッショイ!!」と囃し立てる曲に弱いことを思い知らされ、慎まねばならん、慎まねばならん、とどこぞの劉備玄徳のように自戒した。目下、YUIMETAL、MOAMETALの区別をつけようと奮闘中。

category: 更新情報

[edit]

page top

« 中公文庫:虚人たち/筒井康隆  |  新潮社:冬虫夏草/梨木香歩 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/995-cafb2aac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top