ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

第10回メフィスト賞 受賞作:Kの流儀-フルコンタクト・ゲーム/中島望

Kの流儀 フルコンタクト・ゲーム
1.雨の転校生
2.赤いリボンが舞う夜に
3.尾上のスケープゴート
4.修羅と天使
5.バスケットボール・ファイト!
6.体罰教師
7.七人の敵
8.星月夜
9.かまいたち
10.風散る恋
etc... ...

answer.――― 74 点

登場人物のすべてが選りすぐりのDQN、DQN、ラブどっきゅん!のおそらくメフィスト賞において空前絶後の「お前の青春ラブコメはまちがっている」的完全無欠のDQN小説。それでも、ぶっちゃけ、―――面白い!と唸ってしまうのは徹頭徹尾、DQNしていることだろう。「この物語の主人公である総二の中には、作者であり、極真の門下生である中島望氏の筆によって見事に私達が憧れている極真が象徴的に描かれている。」と、かの松井章圭館長のお墨がついているように、主人公・逢川総二は近未来を思わせる荒廃し切った高校に転校し、極真の名の下、中国拳法、ボクシング、少林寺拳法、柔道、空手、剣道……と様ざまな格闘技に精通するDQNたちを火の粉を払うように制裁していく。とにかく、極悪な作中世界は必見。イジメ、カツアゲ当たり前、女が出てくれば男たちは勃起し、行動的な不良はレイプに励み、女は売春に輪姦(まわ)される。頁を捲れば捲るほど、―――こ、ここ、本当に我らが神国NIPPONなのか!?とおののくこと必至だ。主人公は数多のDQNと交戦する訳だが、個人的なハイライトにはvs剣道シーンを挙げたい。胴体を真っ二つにする高校生なんて演出と云えども常識が邪魔をして出来ないものだが、著者の筆にそんな迷いは微塵も感じられない。これには誰しも天晴れ、お見事、降参となるだろう。悪女にラブコメ(ver.硬派)しつつ、……という変則的な《お約束》もあり、隙のない素晴らしい極真のための番宣受賞作。負け=再起不能に直結する相次ぐバトルは皮肉無く楽しめました。作中における中ボス的立ち位置の天才ボクサーはそのキャラクター含め、作中で一番「凝ってた」ね。きっと、極真のライバルはボクシングってことなのでしょう。DQNのダイヤモンドたちが血飛沫上げて散る様は本当に圧巻の作品。ラノベで例えるなら、筆力のある『学園武芸帳「月に笑く」』な印象も。

第10回メフィスト賞 受賞作:Kの流儀-フルコンタクト・ゲーム/中島望

category: メフィスト賞

tag: OPEN 70点 中島望

[edit]

page top

« 角川文庫:村田エフェンディ滞土録/梨木香歩  |  第9回メフィスト賞 受賞作:QED 百人一首の呪/高田崇史 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/996-c070a489
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top